深夜のリターンモデラー

プラモ熱復活のリターンモデラー!の製作日記です。クルマ、オートバイがメインです。

≫ EDIT

2010 DUCATI DESMOSEDICI GP10 (K`S WORKSHOP) 製作 「VOL.1」

プラモ製作再開です。

次は何を作ろうか迷ったのですが、
溜め込んでいたプラモデルが多かったので、少しずつ整理していこうかと思います。

その中から選んだのが、「ドゥカティ・デスモセディチ GP4」

IMG_1801.jpg

もう、箱が変色してます。笑
これにK`S WORKSHOP製のトランスキットを使って「GP10」にしたいと思います。

IMG_1796.jpg

レジンパーツ結構あります。
資料に古いライディングスポーツも引っ張ってきました。

IMG_1795.jpg

デスモの名称はシンプルで、GP+その年。
なのでGP4は2004、GP10は2010ですね。

GP10は大好きストーナーが駆った最後のドゥカティでもあります。
本人の病気もあって思うように勝ち星を上げれなかった(それでも3勝!)のですが、
記憶に残るマシンです。

ケーシー以外、乗りこなせなかったデスモを誰が乗っても
乗りやすいマシンにしようとした結果、チームメイトのヘイデンも良い成績を残しています。
が、ケーシーのフィーリングには合わなかったのか前半戦は未勝利。
特にフロントサスは開幕からオーリンズの先行開発型の物を使っていますが、
4戦以降古いタイプに変えています。
10戦目ぐらいからはサイドにカナード?ウイングが付いたり、
後のウイングレットの先駆けになった様な気がします。

デスモといえばトラスフレームですが、
このマシンはカーボンモノコックフレームをエンジンに直結する方法です。
スイングアームもカーボン。
これ、すごい構造です!
パニガーレもその流れでモノコックフレームになったんでしょう。

カラーリングもシンプルな赤。
これもまた好きです。
ロッシ加入後、カラーリングも白地が増えたし、
普通のアルミフレームになりましたし、

とにかくGP10はカッコイイマシンです。
それではスタートです。
スポンサーサイト

| DUCATI DESMOSEDICI GP10 (K`S WORKSHOP) | 23:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SUZUKI GSX1100S KATANA R (TAMIYA)

「SUZUKI GSX1100S KATANA R (TAMIYA) 」

完成です。
(ホビコムのページにもう少し鮮明な写真を掲載しています)

IMG_2875.jpg

IMG_2876.jpg

IMG_2877.jpg

IMG_2871.jpg

IMG_2872.jpg

IMG_2873.jpg

IMG_2874.jpg

IMG_2652.jpg

IMG_2648.jpg

IMG_2651.jpg

IMG_2650.jpg

前回のノーマルカタナと合わせ、2016年は本当にカタナで終わってしまいました。笑
貰い物から火が付いたこのカタナシリーズですが、
ここまで長くなるとは思ってませんでした。
家事、育児の事もあり、なかなか手をつけれないという事もありましたが、
モチベーションがガクッと下がった時期があったのも否めません。
いずれにせよ制作ペースはかなり遅かったかな・・・と。

それでも完成する事ができて良かったなと。

相変わらずの制作ペースだと思いますが、
次回も頑張ります!

| SUZUKI GSX1100S KATANA R (TAMIYA) | 23:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SUZUKI GSX1100S KATANA R (TAMIYA) 製作 「VOL.27」

最後はマフラーです。

はじめは、やっぱりスズキはヨシムラだろう!って事で
サイクロン辺りをアップにカチ上げて付けてみようかなと思いましたが、
ありきたりすぎるか・・・というのと、
圧倒的に装着している人が多かったので、違うものでいこうかと。

せっかくレーシーなパーツでまとめられているので、
アクラポビッチのサイレンサーを取り付ける事にしました。
しかもGPスタイル、サイド出し。

エキパイはこれまた当初の予定では作る気はありませんでした。
何かのエキパイを使って、サイレンサーの付け根から切断して
付ければいいだろうと思ったのですが、
これまた好みのが無く・・・。
意外とバックステップを装着した事で、
サイレンサーの飛び出す場所の制約もあったり。
結局手曲げして作ることにしました。

タミヤのソフトプラ棒3ミリをあてがって曲げていき、

IMG_1522.jpg

IMG_1523.jpg

4本揃えて集合場所から先はエポキシからのスクラッチ。

IMG_1531.jpg

IMG_1532.jpg

リューターで削り出していますが、パイプのカーブの部分を丸く、
均等の太さに削るのが難しかったです。

塗装して完成。

IMG_1615.jpg

エキパイの中間辺りをオイルパンに接着して固定しようと思い、
上面を少し平べったくしています。
差し込み部になるであろう場所にはプラ板を巻きました。
マフラースプリング用のフックも取り付けました。

塗装はクレオス・スーパーチタンをベースに焼け色を少し出しました。

いよいよ完成です。

| SUZUKI GSX1100S KATANA R (TAMIYA) | 22:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SUZUKI GSX1100S KATANA R (TAMIYA) 製作 「VOL.26」

作ったパーツを組んでいきます。

IMG_1657.jpg

IMG_1658.jpg

IMG_1659.jpg

完成まで残り僅かです。

アッパーカウルは仮組みして、後からでも装着可能な事を確認済み。
インストではアッパーカウルが先に装着、フロント足回りは最後みたいですが。
どうしても後から足周りを組んでパイピングするのが苦手で・・・。
アッパーカウルを装着後にオイルクーラー、マフラーを取り付けるのが条件ですが。

あとはマフラーだけですね。

| SUZUKI GSX1100S KATANA R (TAMIYA) | 23:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SUZUKI GSX1100S KATANA R (TAMIYA) 製作 「VOL.25」

最後の小物作りをします。

ハンドルバーはM1です。
レバー周りは、細かくチョップして、
ハンドルスイッチがないのでXJRから流用。
これをM1のブレンボ・ラジポンとグリップでサンドします。

IMG_1596.jpg

IMG_1603.jpg

キャリパーもM1から。
いつもながら「モノブロック」にするのが苦手です。
塗装はアノダイズドチタンを目指しましたがいかがなものかと。。
とりあえずこれでいきます。

IMG_1641.jpg

IMG_1642.jpg

IMG_1656.jpg

ミラーは好みの形が見つからなかったので、ポリパテからスクラッチ。
真鍮線を曲げて突き刺して、根元にさかつうのフランジナット。
鏡面はミラーフィニッシュ。
フロントウインカーはウインカーミラーにしました。
この辺はもうグダグダです。

IMG_1664.jpg

IMG_1667.jpg

メーターも迷いました。
結局M1から、余分な部分をカットして流用。
少しはAceWellっぽくなったかな・・・?
多分ロガー付き!

IMG_1668.jpg

スタンドは定番の裏からビス差して可動式に。

IMG_1666.jpg

完成までもう少しですかね。

| SUZUKI GSX1100S KATANA R (TAMIYA) | 18:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT