深夜のリターンモデラー

プラモ熱復活のリターンモデラー!の製作日記です。クルマ、オートバイがメインです。

≫ EDIT

2010 DUCATI DESMOSEDICI GP10 (K`S WORKSHOP) 製作 「VOL.12」

ハンドル周り、組みました。

IMG_1950.jpg

IMG_1951.jpg

IMG_1952.jpg

ブレーキのリモートアジャスターも追加してみました。

ストーナーのグリップはワイヤリング片側3本の様です。
スポンサーサイト

| DUCATI DESMOSEDICI GP10 (K`S WORKSHOP) | 22:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010 DUCATI DESMOSEDICI GP10 (K`S WORKSHOP) 製作 「VOL.11」

仮組みが終わった所で、本編にいきます。

今回はハンドル周りを先行して作ることにしました。

バイク模型を作っているとハンドル周りが最後になる事が多いですが、
最後の方になると、どーしても完成を急ぐあまり、
おなざりになってしまうのが私の傾向です。笑
で、ハンドル周りを先行製作する事に。

GP4とGP10のトップブリッジ。

IMG_1942.jpg

大分違いますね。
GP4はステアリングダンパーがアクロスマウントだったのでステーがあります。
GP10はグランプリによって肉抜きしたり、しなかったりみたいです。
剛性の調整なのでしょうか?

GP4からはリザーブタンクを移植します。
GP10のトップブリッジに真鍮線を差してステーを作り、
取り付けます。

グリップはキット付属のレジン、プログリップみたいです。
スイッチボックスは加工済み。
洋白線をハンドルバーから生やして、串刺しにしていきます。

IMG_1943.jpg

IMG_1944.jpg

スロットルホルダーは切る必要がないように思いますが、
GP4はワイヤーが上出し。
GP10は下出し一本引きの様なので、
切り取ってホルダーの上下の向きを変えました。

IMG_1947.jpg

塗装します。

IMG_1945.jpg

次回、組立て予定!

| DUCATI DESMOSEDICI GP10 (K`S WORKSHOP) | 00:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

69

まさかこんなに早く逝ってしまうとは誰が想像したでしょうか。

「ニッキー・ヘイデン死去」

事故で意識が無い。
それからは朝起きてからまずニッキーのニュースを見るのが日課になっていました。
回復を祈りながら。
しかしながら今日の朝起きてニュースを見ると亡くなったと。

未だに信じられない。
好きなライダーの一人。
もてぎでも何年も生の走りを見ました。
もちろん2006年も。

走りもそうですが、人間性も魅力でした。
何でいい人ばかりがすぐに逝ってしまうのだろう。
まだ35歳。
若すぎます。

これからも走っている姿を見たかったです。

本当にご冥福を祈ります。

| オートバイ | 00:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010 DUCATI DESMOSEDICI GP10 (K`S WORKSHOP) 製作 「VOL.10」

仮組みが終わった所で、一つ気になっていた所がありました。
ハンドル周りが少し寂しいかな・・・?と。
実車ではステアリングダンパーが右に付いていたので、
追加してみたいと思いました。

適当な余りパーツでステアリングダンパーを加工していきます。
おそらく、ZX-RRのディテールアップセットの余りだったと思います。
ロッドは多分、M1用のトップスタジオ。
フロントフォークのダンパーステーは径がピッタリでした。

IMG_1922.jpg

IMG_1925.jpg

動かないようにドリルで穴を開けて、
真鍮線を差して位置決めしていきます。

IMG_1923.jpg

IMG_1926.jpg

フレーム側は穴を開けて、プラ棒を差して、
ネジ穴を切りました。

IMG_1927.jpg

IMG_1928.jpg

装着するとこんな感じに。
カウル内に収まるように微調整しました。

IMG_1934.jpg

IMG_1935.jpg

実車と比べて。

IMG_1936.jpg

IMG_1933.jpg

本組時にはダンパーのストロークセンサーを追加したいなと思います。

| DUCATI DESMOSEDICI GP10 (K`S WORKSHOP) | 00:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010 DUCATI DESMOSEDICI GP10 (K`S WORKSHOP) 製作 「VOL.9」

続いて車高の調整です。

ここは実車同様、リンクで調整することにしました。
これによってリヤサスに負荷がかかる(たわむ)のですが、
許容範囲かな?と思い、これで進めます。

プラ棒から短いリンクを作ってみました。
何個か作って試しました。
数ミリズレるだけでも、実車にしたら数センチ。
これはこれで意外と車高が変わるもんだなーと思いました。

IMG_1915.jpg

IMG_1916.jpg

IMG_1917.jpg

不格好ですが、本組みまでにはもう少し頑張りましょう。笑

組むとこんな感じになります。

IMG_1919.jpg

IMG_1918.jpg

しっかりリヤの車高が上がって前後タイヤが接地した時に、
アンダーカウルが水平になりました。
前回修正したハンドルも好みの垂れ、絞りになりました。

一先ずこれでよしとします。

| DUCATI DESMOSEDICI GP10 (K`S WORKSHOP) | 02:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT